マンション管理士試験は、独学で合格することも不可能ではありません。 しかし、多くの合格者は、専門のスクールに通ったり、通信講座で勉強をしたりしているのが現状でしょう。 マンション管理士という資格は、まだまだ新しい国家資格です。 そのため、試験に関する情報が、他の資格に比べてとても少ないのです。 また、合格率も毎年一桁と非常に低くなっています。 インターネット上では、独学で合格したという声も見掛けますが、そういう人は管理業務主任者や宅地建物取引主任者などの資格を所有しているケースがほとんどでしょう。 というのも、それらの資格の試験とマンション管理士の試験には共通する部分が多いのです。 でも、それらの資格試験の勉強をしたことがない人にとって、マンション管理士の試験は、とても出題範囲が広く、試験勉強に非常に多くの時間が必要になります。 ですから、専門のスクールに通ったり、通信講座で勉強する方が、独学よりもずっと効率的に試験対策を行うことができるでしょう。